家庭教師は是非活用するべし|余すこと無く学習!

シニアの教師

受験の対策

文房具

受験勉強の意義

中学受験は大学までを見据えた非常に重要な試験です。高校受験から大学受験までは3年間しかありませんが、中学受験から見た場合は6年間もあります。ここでしっかりと受験経験を積んで勉強することが今後につながります。それでは、この中学受験に合格するにはどうしたら良いかというと、塾に通うことが大切なことです。塾ではたくさんの練習問題を解くことだけをしているわけではありません。大量の計算問題を解いても力が付くわけではありません。塾ではその点についても配慮しています。どのような工夫かというと、できなかった問題をストックしておいて、それをしばらく経ってから解かせるのです。これで復習が嫌いな生徒もしっかりと力がつくようになります。

基礎学力の向上

成績がなかなか上がらない生徒の特徴というのは、復習をあまりしないことです。自分ができなかった問題をもう一度解くのが嫌いな傾向があります。塾であればそうした対策を行っています。しかしながら、もう1つ成績がよくならない子の特徴があります。それは基礎知識がない場合です。基本的な土台ができていない状態が続くと非常に辛いので勉強嫌いになります。基本ができないのに授業ではそれを土台にした問題をやってどんどん遅れていきます。こうしたことが起こらないように、塾では基本的な問題から丁寧に教えてくれます。基礎が終われば応用問題もやりますので、基礎はもちろんですが、幅広く力が付くようになります。中学受験ではしっかりと学力が身についていないと合格は難しいので、塾で対策をしましょう。